キセブ - Kindleセール情報まとめブログ

カテゴリ: 日替わりセール

日替わりセール品を毎日紹介するのは大変なので、個人的に気になった本のときだけ記事を書いています。

今日は松村真宏先生の「仕掛学」。
私も読みましたが、仕掛学の「仕掛け」って、デザイン思考とかと同じで、基本的にはトンチによる問題解決。
「なるほど」な事例がたくさんでおもしろいです。

仕掛学―人を動かすアイデアのつくり方 : 松村真宏
B01M0G5QEW

「ついしたくなる」にはシカケがある。
スタンフォード大学の講義でも用いられている、日本発のフレームワーク、仕掛学【Shikakeology】。

押してダメなら引いてみな。一言で言うとこれが仕掛けの極意です。
人に動いてほしいときは無理やり動かそうとするのではなく、自ら進んで動きたくなるような仕掛けをつくればよいのです。
ただ、言う は易し行うは難し。そのような仕掛けのつくり方はこれまで誰も考えてきませんでした。
本書では仕掛けの事例を分析し、体系化。
「ついしたくなる」仕掛けのアイデアのつくり方についてご紹介します。

毎日の日替わりセール品はここで確認できます。

あと、過去の日替わりセール品のリストもあります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

日替わりセール品を毎日紹介するのは大変なので、個人的に気になった本のときだけ記事を書いています。

今日のセール品は「マンガでよくわかる エッセンシャル思考」。
あの「エッセンシャル思考」のマンガ版です。

マンガでよくわかる エッセンシャル思考
B06XP9632T

最少の時間で成果を最大にする方法が マンガでわかる!
シリーズ累計20万部! 日米ベストセラーの 『エッセンシャル思考』が、 ついにマンガ化。
Apple、Google、Facebook、Twitterの アドバイザーを務める著者の 99%の無駄を捨て1%に集中する方法とは!?
エッセンシャル思考が目指す生き方は、 「より少なく、しかしより良く」。
すでに『エッセンシャル思考』を読んでいる人も、 はじめて『エッセンシャル思考』を読む人も 人生を自分の手に取り戻せる1冊です。

毎日の日替わりセール品はここで確認できます。

あと、過去の日替わりセール品のリストもあります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

日替わりセール品を毎日紹介するのは大変なので、個人的に気になった本のときだけ記事を書いています。

今日のセール品は村田智明著『問題解決に効く「行為のデザイン」思考法』。
63%オフの599円です。
1年ほど前に書いました。ちょうど読んでいるところ!

問題解決に効く 「行為のデザイン」思考法
B0156AULM0

パナソニック、大阪王将、アップリカ、日本能率協会、オムロンなどでも導入され、話題に。問題解決の手法としての「行為のデザイン」の発想は、時代をつくるビジネスマンに“気づき”の視点を授ける。
「行為のデザイン」とは、プロダクトやサービスを利用する人の行動に着目し、改善点を見つけてよりよく、美しく、使いやすくする手法のこと。
また、デザイナーだけでなく、商品開発に関わる開発者、技術職、営業職それぞれから専門知識やアイデアを発掘、共有することで開発スピードを上げ、画期的なサービスやプロダクトを生み出すことができる。

毎日の日替わりセール品はここで確認できます。

あと、過去の日替わりセール品のリストもあります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

日替わりセール品を毎日紹介するのは大変なので、個人的に気になった本のときだけ記事を書いています。

今日の対象商品は池上彰さんの「はじめてのサイエンス」です。
60%オフの299円とお得です。
私は買いましたよ

はじめてのサイエンス (NHK出版新書)
B01MEF7LD7

いま、学ぶべきサイエンスとは何か? 「物理」「化学」「生物」「医学」「地学」「環境問題」─6科目のエッセンスを講義形式で明快に説く、池上彰初の科学入門。核兵器から原発、水素エネルギーから再生医療、首都直下地震から地球温暖化まで、ニュースの核心がスッキリ分かる決定版。

毎日の日替わりセール品はここで確認できます。

あと、過去の日替わりセール品のリストもあります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

日替わりセール品を毎日紹介するのは大変なので、個人的に気になった本のときだけ記事を書いています。

今日の対象品はR・D・ウィングフィールド著「クリスマスのフロスト」。
創元推理文庫のフロスト・シリーズの第1作です。
これは懐かしいです、20年くらい前に読みました。
わちゃわちゃしたミステリーです。

クリスマスのフロスト フロスト・シリーズ (創元推理文庫)
B00DCU9PRY

ここ田舎町のデントンでは、もうクリスマスだというのに大小さまざまな難問が持ちあがる。日曜学校からの帰途、突然姿を消した少女、銀行の玄関を深夜金梃でこじ開けようとする謎の人物。続発する難事件を前に、不屈の仕事中毒にして下品きわまる名物警部のフロストが一大奮闘を繰り広げる。構成抜群、不敵な笑い横溢するシリーズ第1弾!
*第1位「週刊文春」1994年ミステリーベスト10/海外部門
*第4位「このミステリーがすごい! 1995年版」海外編ベスト10
*第8位「日本推理作家協会全会員ミステリー通大アンケート 20世紀傑作ミステリーベスト10」海外部門

毎日の日替わりセール品はここで確認できます。

あと、過去の日替わりセール品のリストもあります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ